Ball & Chains

台東区公認バンド ボール&チェインズ公式ホームページ

センスを磨け!

どーもこんばんは。
最近朝の目覚めが、足の甲がつり、ふくらはぎがつり、最後にももがつるという。
こむら返り三点攻めという最悪の目覚めが続いております。冬です。
12弦の魔術師のコックです。

何か物事をやったり、選択したり、表現したりするときなどに。
センスというやつが非常に大事だったりしますよね。
センスとはなんぞや。
私が思うにセンスとは『勘』だと思うんですね。

行動をおこす上で、自分の中でよい方向にむかうために勘を働かせ、やってみる。
勘を働かせることが、センスを磨くことにつながってる気がするんですね。

幸い私の仕事。『料理』はこの勘を働かせる機会が非常に多いです。
余熱で火を通したいのでゆでるのはこれくらいにしようだとか。
味を決めるのに塩加減はこれくらいだろうとか。
レシピ本にはのせられない、説明できない所が実は料理には非常に多いのです。
そこでセンスが問われる。
日々センスを磨く。
そして何度も反復することによって、失敗したり、成功したりというデーター。
知識が蓄積されることによって。
『勘』が『技』にかわっていくのです。

勘が技にかわっていく過程でみがかれたセンス。

この料理をすることによってみがかれた私の素晴らしいセンス。
料理以外でもそのセンス、勘、が発動することが多々あります。

例えば。

ギャンブル。
私はギャンブルの類は日常的にはやらないのですが。
競馬はたまにやります。
ただ日常的に競馬をやっているわけではないので。
どの馬が速いとか、どの騎手が凄いとかっていうデーターはないです。
そこで私のセンスが発動します。
私が馬券を買うときはまず賭けたいレースの馬達がパドックを歩いてる姿を見ます。
そこであー、、、この馬は今日はへこんでんなー、、、とか。
あ!!この馬!!今日めっちゃ良いことあってテンションめちゃ高い!!とか。
感じます。
そう。
俺にはわかります。
料理をしこたましまくって磨かれたセンスがあるので。わかるんです。
で。馬券買う。

外す(爆)

例えば。
もう10年くらい商売をしておりますと。
町のざわつきとか、町いく人達のテンションを感じて。
あ、、、今日はお店混むかもな、、、と感じてひとりほくそ笑みます。
感じます。
わかるんです。
もうこれは第6感としかいいようがないので説明できません。
もうセンス。俺のセンスが発動してしまってるんです。

開店したらめちゃ暇だったりします。

センスを磨くのは大変だ。

2017年。
ボール&チェインズの初のお勤めになります。
2/26はFMたいトーク~僕らのラジオ~
19時からの『ボール&ラジオ』でお会いしましょう。
新メンバーの占い師をむかえ今年も張り切って活動してまいりますよ♪
image

台東区小島近辺のかた→88.8MHz
ユーストリーム→http://www.ustream.tv/channel/…
ショウルーム→https://www.showroom-live.com/…

是非チェキラ♪

以上の経験を経て。
私は気づいたことがあります。
私の持ちうるセンスの中で。
あるひとつのセンスがずば抜けて高い。突出しております。
それは。
『鈍感』という名の『センス』だ(爆)

コメントを残す